柔軟性

  1. ストレッチで効果的に柔軟性を高めるコツ

    ストレッチで伸びるのを感じたら ゆるむ位置まで戻すのが大事。硬い方は 最初の姿勢から緊張しないようにポジショニングの工夫が必要。

    続きを読む
  2. トレーニングやスポーツで無駄な力を抜くための5つのポイント

    無駄な力が入ってしまうのは姿勢や呼吸、動き方等、様々な原因がある。無駄な力が入る原因によって身体の反応は変わってくる。力が入ってしまう場所やタイミングを確認して それに合った対応をすることが大事。

    続きを読む
  3. 【腹筋運動の誤解】腹筋しないスポーツ選手がいる3つの理由

    一般的な腹筋運動は腹筋だけでなく、首、股関節を硬くしてしまいやすい。腹筋が不要なのではなく、大事な筋肉だからこそ柔らかく鍛えていくのが大事。腹筋が伸びる姿勢を意識して動くことで、腹筋も柔らかさを保ちながら自然に鍛えられる。

    続きを読む
  4. 初動負荷トレーニングはスポーツの前にやるべきか、後にやるべきか

    スポーツの前に取り組むことは動きやすさと良い動作の習得につながる。スポーツの後に取り組むことは疲労回復とバランスを整えるのにつながる。それぞれの状況に合わせて動き方やトレーニング量等を調整することが大事。

    続きを読む
  5. 肩痛予防に役立つ肩甲骨の動きとは?

    腕を上げる動きでは肩甲骨を外側にスライドさせる動きが大事。腕の動きよりも肩甲骨を先に動かすことが大事

    続きを読む
  6. スポーツや日常でハムストリングスが大事な理由と使い方のコツ

    ハムストリングスの主な役割は、歩く、走る、跳ぶ等、身体を移動させること。ハムストリングスは骨盤が後傾せずに、軽くひざが曲がったポジションで使われやすい。後ろに蹴るのではなく、 足首やひざの位置に身体が乗り込んでいくのが大事。

    続きを読む
  7. 股関節の硬さと腰痛の関係

    股関節の内側の硬さは 腰が引けた姿勢を招き腰に負担をかけやすい。股関節の後ろ側の硬さは 腰が下がった姿勢を招き腰に負担をかけやすい。関節を柔らかくするだけでなく 普段の姿勢や歩き方を整えるのが大事。

    続きを読む
  8. 初動負荷トレーニングで呼吸は意識した方がいいか?

    息を止めてしまうと力みやすく、身体に負担をかけやすい。歯と歯の間から自然と息が漏れる状態を保つことが大事。どうしても息を止めてしまう方は軽く息を吐きながら動くと良い。

    続きを読む
  9. ひざが痛い、つまづきやすい、共通した歩き方の特徴とは?

    腰の位置が下がった状態が ひざ痛やつまづきやすさの原因になる。腰の位置を高く保って歩くことが大事。4つのステップで腰の位置は高くできる。

    続きを読む
  10. 肩を安定させるためのインナーマッスルの使い方

    肩のインナーマッスルは柔軟性のバランスを整えることが大事。日常動作の傾向からヒジを外側に向けるように捻る動きが大事。肩をやや丸めた動きを取り入れることも大事。

    続きを読む

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る