unsuiの記事一覧

  1. 開脚には 股関節内側以外の柔軟性も大事?

    開脚に裏ももの筋肉の柔軟性も大事。開脚した時に縮まる股関節の前側、外側の柔軟性も大事。おしりの下に台を入れる、股関節を外に開く、骨盤を前に倒す等、状態に合わせた調整も必要。

    続きを読む
  2. 肩甲骨の可動域を広げるには背骨の意識も大事

    肩甲骨を寄せる動きは背筋が伸びている方がやりやすい。肩甲骨を外に広げる動きは背中が丸くなっている方がやりやすい。

    続きを読む
  3. 【テニス肘、ゴルフ肘】ひじ痛の時にトレーニングで気を付けること

    テニス肘、ゴルフ肘は前腕の筋肉の緊張との関わりがある。ラケットやクラブを握るという要素が動きの中では前腕の緊張に影響している。トレーニングではできるだけ握らない状態で動くのが大事。

    続きを読む
  4. 柔軟性が高いとケガしにくい?ケガしやすい?

    柔軟性は関節の動きをスムーズにしたり、姿勢が整う等、ケガ予防につながる部分はある。良くない身体の使い方をしていると柔軟性が高いことでロスが大きくなる可能性はある。柔軟性云々の前に身体の使い方が大事。肩甲骨、股関節周りの柔軟性は多くの方が共通して高めたい部分である。

    続きを読む
  5. 足首痛、ひざ痛予防に 歩く時のつま先の向きが大事?

    つま先の向き(外に開く、内に向きすぎる)は ひざ、足首だけでなく 身体全体のバランスにも影響。つま先真っ直ぐという状態は足の外側ラインが真っ直ぐになる状態が基準になる。このつま先の向きがきつい場合は 少しこの向きを緩めても良い。

    続きを読む
  6. 肩のつまり、引っかかり解消には手の向きが大事?

    肩のつまりの原因の一つは 肩峰と腕の骨の間での挟み込みにある。手の平を上に向けた状態をつくると 肩のつまりが起こりづらいバランスになる。改善に向けては段階的に手の向きを戻す、腕を遠くから動かす等が大事。

    続きを読む
  7. 腰痛予防に腹筋、背筋はやった方がいい?

    腹筋、背筋などで腰周りを固めてしまうと、急に振り向く時等に腰を痛めやすい。腰回りの柔軟性をバランス良く高めるのが大事。偏った負担のかからない良い姿勢を求めるのが大事。

    続きを読む
  8. トレーニングで股関節を上手く使うための3つの基本動作のコツ

    脚を上げる動きでは軸脚股関節から動くのが大事。脚を曲げ伸ばしする動きではひざを強く伸ばそうとしないのが大事。脚を捻る動きでは脚の外側ラインを基準に捻ることが大事。

    続きを読む
  9. 【デスクワークでの腰痛対策】ココをストレッチするのが大事!

    座った姿勢が続くと骨盤後傾や股関節前側が硬くなる等で腰に負担がかかる。股関節前側を伸ばすような取り組みが大事。股関節の前を伸ばす時は、腹筋を上に伸ばすような上半身のバランスが大事。

    続きを読む
  10. シューズのクッション性の盲点

    靴底が柔らかすぎると常に柔らかいベッドの上を動いているような状態。身体バランスが不安定になり、ひざ、足首等に違った形で負担がかかる。腰の位置が高い状態で動けるのが大事。

    続きを読む

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る