ブログ

8月9日(木) 18時~親子体験会に込めた想い

ホームページのお知らせ欄やフェイスブックページでも一部ご紹介させて頂いたので、もうご覧になった方もいると思いますが、8月9日㈭18時~20時に、夏休み限定企画として親子トレーニング体験会を開催することになりました。

既にお申込み頂いている方も多く、ありがたい限りですが、どうして突然この親子体験会を開催することになったのか? と思っている方もいるかもしれませんので、今回はこのイベントを企画したきっかけについてお話させて頂きます。

それは・・・
ジム内でのこんなやり取りがきっかけでした。

 

ケガをした中学2年生との会話

― 彼は中学2年生。

サッカーをやっています。

重度の足首の捻挫を受傷され、松葉杖で来館していましたが、メキメキ回復していきました。

そんな折、彼からこんな話がありました。

「周りの友達にケガでなかなか練習できなくて悩んでいる子がたくさんいるんです…」

自分が良くなってきたので、周りの方にも良くなってほしい、という想いが芽生えたのかもしれません

詳しく話を聞くと、ケガでなかなか練習に参加できない子たちは、病院や治療院に通う中で良くなっている部分もあるようですが、練習を再開するとまた痛みが再発してしまうとのこと。

「せっかく練習に復帰できたのに…」
「またしばらくお休みか…」

きっと本人としても歯がゆい想いでいっぱいのことだと思います。

私たちも何とか力になれないだろうか、と感じた出来事でした。

 

故障のスパイラルから抜け出す!

上述のように復帰後、同じ場所に痛みが出てしまうという場合、考えられることの一つは「動作」の問題です。

休むことや病院での治療に取り組む中で一時的に良くなっても、姿勢、動作、身体の使い方が変わっていない中で再開すると、また同じ場所に負担がかかり、痛みが再発するということがあります。

より良く動作を改善していくためには、新しく良い動き方を練習していく必要があります。

その点において初動負荷トレーニングは柔らかくしなやかな動作を、マシンの中で練習できるのでおススメできるのですが、通常の体験会の中では時間的にもなかなかそこまでいけません。

そこで色々と試行錯誤した結果、今回のイベント起案に至りました。

時間を説明等も含め、トータルで2時間確保し、マシンに誘導されるしなやかな動きをしっかり練習できるよう調整しました。

それでも1回のトレーニングですべて獲得できるわけではありません。

ただ目指していく方向性が変わるきっかけづくりにはなるんじゃないかと思って準備を進めています。

 

親子で故障に向き合うきっかけに

親御さんは一生懸命勉強し、子供に伝えるのに、当の本人はどこ吹く風…。そんな話も聞きます。​実際、親御さんだけで故障を防ぐことができません。本人も意識を持って取り組むことで、はじめて成果が出てきます。

親子で参加を原則にさせて頂いたのは、故障に一緒になって向き合うきっかけにして頂きたいと思ったからです。

一緒に考え、協力して乗り越えていけるよう、一緒に学ぶ時間を作ることはこの意味で有意義です。ぜひ一緒にご参加ください。

なお、営業時間中だとたくさんの方にお集まり頂いた場合、既存会員様がトレーニングしづらい状況になってしまうので、休館日の木曜日開催にさせて頂くことにしました。

もし、あなたやあなたのまわりにケガで悩んでいる小学生、中学生がいるようでしたら、ぜひ詳細ご確認の上、お申込み、もしくはご紹介ください。そしてケガが良くなっても再発するという、負のスパイラルから抜け出すきっかけを一緒に見出しましょう!

参加申し込みは8月6日㈭21時まで
限定10組、満席になり次第受付終了

※定員に達しましたので
お申込みは終了させて頂きました。
関心を持って頂きありがとうございます。
2019年も8月上旬に開催予定ですので
どうぞご期待ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■コーチングスタッフ募集 “コーチングスタッフ募集”

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る