ブログ

ギプスしている間でもトレーニングできることはありますか?

こんにちは。スタッフの宇都宮です。

先日、HPより小学校6年生の親御様から、こんなご質問頂きました。

Q. 小6の娘がバスケの試合でくるぶしの骨折をしてしまいました。少しでも早い復帰を願うばかりですが、ギプスをしている間でもトレーニングできることがあれば知りたいです。

実は私も過去に骨折ではないですが、足首重度の捻挫をして、同じような状況になったことがありますので、こういう状況での練習できない歯がゆさ、ツラさ等はよくわかります。自分の子供が同じ状況になってしまったらと思うと、いたたまれない気持ちになりますね。

ギプスなどで固定していると、身体は色々大変です。

身体はかばって反対の脚に負担がかかったり、固定している側の脚も不自然な使い方になって硬くなったり、、、。

これが上半身にも影響して、腰が痛くなったり、、、。

故障した部分を修復するために、固定するのはやむを得ない部分もありますが、その他部分のバランスが崩れてしまうと、故障した部分は良くなってもその他部分にはダメージが残り、違った形での故障を招いてしまう、ということがよくあります。

私自身、このあたりが学生当時はわかっていなかったので、捻挫を何度も繰り返していました。

なので、回答としては

A. 故障個所以外の部分を積極的に動かす

特にこのような足首周辺のケースでは、脚の付け根部分である股関節を動かすことをお勧めしています。

参考までに、私たちの施設で足首をギプス固定している方に行って頂いている股関節のトレーニングの一例をご紹介させて頂きます。

■足首に負担なくできるトレーニング例①

 

■足首の負担なくできるトレーニング例②

 

このように動かすことで患部以外のバランスを整えるだけでなく、患部への血流、酸素供給等が促されることも期待できますので、故障部の回復にも影響があると考えています。実際に私たちの施設でトレーニングされている方で、骨折の回復が病院での診断よりも早くなったという事例は多いです。

ただしトレーニングをお控え頂いているケースもあります。

それは主治医の先生から患部以外も含めて一切動かないように言われている時。この時は私たちの判断で動かすことはできませんので、ご了承ください。そうでなければ上半身を動かすだけでもプラスになる部分は多いので、お越し頂いた方には積極的にトレーニングして頂いています。

参考になれば幸いです。

また無料体験にお越し頂ければ、より良い形での競技復帰に向け、トレーナーが一緒に考えさせて頂きます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
■関連動画はこちらから↓↓↓

 

この記事を書いた人

小学生からバスケットボールに取り組んできたが「センス、能力のないやつはもっと努力しろ!」と言われ、基礎練習やウエイトトレーニングを人一倍頑張ってきた結果、左手でドリブルがつけなくなる 3ポイントシュートが届かなくなる故障が増える等の事態に直面。従来のトレーニング方法、練習方法に疑問をもち、模索する中で初動負荷トレーニングにたどり着く。雲水グループ創業メンバーの一人。園芸係としても活躍中。詳細はこちらから

■トレーニングに関する質問受付中!
トレーニングに関しての質問はこちらから受け付けています。ジムの会員になっていない方もどうぞ。blog、youtube等で回答させて頂きます

※文章での回答で誤解を招く可能性がある内容については回答を控えさせて頂きますので予めご了承ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Menu

■驚きの無料体験会

■資料請求はこちら

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る