ブログ

まだまだ上手になる予感がしています【77歳スキーヤーからの声】

静岡から通ってくださっている77歳のスキーヤーから、勇気をもらえる喜びの声が届きましたので、こちらでシェアさせて頂きます。

後期高齢者になって2年になります。

今までトレーニングしたことはありませんが、若い時からスキーの中で身体は鍛えてまいりました。

ところが20年ほど前、50代半ば頃から、1年ごとにスキーが下手になっていくのを実感していました。

加齢のためだとあきらめていましたが、楽しかったので続けていました。

(中略)

縁あって、初動負荷トレーニングと出会い、1年後、新しいスキー技術を探求している団体に参加。

今、毎回上手になっているのを実感しています。

今まで苦手意識の強かった、ガチガチのアイスバーンのガリガリと雪を削る音が心地よく聞こえますし、深雪も安定してすべることができるようになりました。

初動負荷トレーニングに出会う5年前には、今を想像することはとてもできませんでしたし、まだまだ上手になる予感がしています。

先日、関節角度測定をしていただきましたが、自分の思いを超えた良くない数値がでてきました。

もしこの数値が改善されたなら、私のスキーはどうなるのだろうとワクワクしているところです。

今後とも可能な限りトレーニングを続けていきますので、ご指導よろしくお願いいたします。

喜寿を迎えた人生の大先輩の「まだまだ上手になる予感がしています」「ワクワクしているところです」という表現には、何だか胸が熱くなりますね!

良いトレーニング、良い動作の積み重ねにより、加齢とともに身体機能を高めることができるということを見事に体現して頂いています。

若さとは単に「何歳か」ということではなく、身体の状態の問題。

「歳だから・・・」と諦めてしまっている方に、この77歳スキーヤーの声が届くことを祈念します。

 

この記事を書いた人

宇都宮 裕(うつのみや ひろし)2008年入社

愛媛県今治市出身。小学生からバスケットボールに取り組んできたが「センス、能力のないやつはもっと努力しろ!」と言われ、基礎練習やウエイトトレーニングを人一倍頑張ってきた結果、左手でドリブルがつけなくなる、3ポイントシュートが届かなくなる、故障が増えるなどの事態に直面。従来のトレーニング法、練習法等に疑問をもち、模索する中で初動負荷トレーニングにたどり着く。雲水グループ創業メンバーの一人。園芸係としても活躍中。詳細はこちらから

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■コーチングスタッフ募集 “コーチングスタッフ募集”

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る