腰痛改善

  1. 腰痛予防に腹筋、背筋はやった方がいい?

    腹筋、背筋などで腰周りを固めてしまうと、急に振り向く時等に腰を痛めやすい。腰回りの柔軟性をバランス良く高めるのが大事。偏った負担のかからない良い姿勢を求めるのが大事。

    続きを読む
  2. 【デスクワークでの腰痛対策】ココをストレッチするのが大事!

    座った姿勢が続くと骨盤後傾や股関節前側が硬くなる等で腰に負担がかかる。股関節前側を伸ばすような取り組みが大事。股関節の前を伸ばす時は、腹筋を上に伸ばすような上半身のバランスが大事。

    続きを読む
  3. ストレッチで効果的に柔軟性を高めるコツ

    ストレッチで伸びるのを感じたら ゆるむ位置まで戻すのが大事。硬い方は 最初の姿勢から緊張しないようにポジショニングの工夫が必要。

    続きを読む
  4. 【腹筋運動の誤解】腹筋しないスポーツ選手がいる3つの理由

    一般的な腹筋運動は腹筋だけでなく、首、股関節を硬くしてしまいやすい。腹筋が不要なのではなく、大事な筋肉だからこそ柔らかく鍛えていくのが大事。腹筋が伸びる姿勢を意識して動くことで、腹筋も柔らかさを保ちながら自然に鍛えられる。

    続きを読む
  5. スポーツや日常でハムストリングスが大事な理由と使い方のコツ

    ハムストリングスの主な役割は、歩く、走る、跳ぶ等、身体を移動させること。ハムストリングスは骨盤が後傾せずに、軽くひざが曲がったポジションで使われやすい。後ろに蹴るのではなく、 足首やひざの位置に身体が乗り込んでいくのが大事。

    続きを読む
  6. 股関節の硬さと腰痛の関係

    股関節の内側の硬さは 腰が引けた姿勢を招き腰に負担をかけやすい。股関節の後ろ側の硬さは 腰が下がった姿勢を招き腰に負担をかけやすい。関節を柔らかくするだけでなく 普段の姿勢や歩き方を整えるのが大事。

    続きを読む
  7. 腰を柔らかくする4つの動き

    腰には大きく4つの動きがあるので、どの動きが硬いのか確認することが大事。腰回りだけでなく、それぞれの動きに影響する周辺の筋肉を柔軟にすることが大事。日常動作を整えて腰が緊張しない状態をつくるのも大事。

    続きを読む
  8. 前屈する男性

    なぜあなたの前屈は硬いままなのか?【How to ストレッチ 】

    伸ばすことよりも緩む時間を確保することが大事、腰ではなく、股関節から曲げることが大事、普段の姿勢で骨盤後傾しないことも大事。

    続きを読む
  9. 【体幹より重要】身体の軸のつくり方

    身体の真ん中に軸を作る意識はNG。軸は1本ではなく2本と考える。腰幅、外側体重、骨盤前の3ステップが大事。

    続きを読む
  10. 重い荷物を持ち上げる男性

    腰を痛めない重い物の持ち上げ方【腰痛予防】

    まず持ち上げるものとの距離を近づけることが大事。背筋だけでなく、腹筋をうまく使うことが大事。息を軽く吐きながら持ち上げることが大事。

    続きを読む

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る