トレーナー採用情報

自分が「変われる」からこそ、伝えられることがある。

痛み、疲労、ケガ、加齢、ストレス、競技、機能障害等、どんな人でも良くなりたいと思っている。

そのためのツールは色々あれど、「良くなる」を実現するのは他の誰でもなく自分自身。他人にやってもらう中では、真の意味での「良くなる」は実現しない。

まず自分自身が変わること、そのためには身体を鍛え、技術を学び、心を整えなければならない。

ただ上辺の言葉だけで、この本質は伝わらない。なぜなら、本気で伝えたいという「心」がないから。

本気で伝えられる「心」を得るためには、何より自分自身が良くなったという経験が必要。だから、まず私たちトレーナーが「良くなる」を体現し、道しるべになろう。すべてのカテゴリーの方の「良くなる」を実現するために。

そんなスタッフが集う、心技体の学び舎をつくりたい。

私たちの本気、あなたに伝わっていますか?

もしあなたが、このビジョンに共感できたなら、共に歩んでいこう、生涯通して。

ご縁のある皆様と共に生涯現役を

株式会社雲水 代表取締役
村上友太

■代表 村上友太の歴史

■初動負荷トレーナーとは?

人間の理想的な動き方は何か。常に問い、自ら追究する動作の専門家が初動負荷トレーナーです。

単にマシンの使用法を教えるのではなく、相手の動きを見て、どこがロスになっているか素早く見極め、その方のプラスの要素を引き出しながら、マシンや実際の動きの中で改善していきます。

そのためには知識だけでなく、自分自身が動けること、そして動けるからこそ見える動作視点が必要です。この動作視点を磨くため、徹底した研修制度があり、力を入れています。

【研修制度】

初動負荷トレーナーの詳細はこちらから▶

■キャリアステップ【トレーナー】

■キャリアステップ【管理職】

どれだけやりがいがあっても収入が十分でないと続けることはできない。

だからしっかりとした研修とその成長、実績に応じてキャリアアップできる仕組みを構築している。

ただ、あくまで実績や能力に対して付与するポストなので、楽して稼ぎたいという方にキャリアアップは難しい

■先輩トレーナーの話を聞く

Q.入社のきっかけは?
初めて初動負荷トレーニングのことを調べた時、大学で学んできたことと真逆のことが述べられていて衝撃だった。実際、初動負荷トレーニングを体験したところ、こんなにも自分の身体は動かないのか、ということに加え、このトレーニングであればアスリートだけでなく多くの人の力になれるんじゃないか、と強く感じたことがきっかけ。またトレーナーの雰囲気、ジムの会員さんの雰囲気が丁寧で明るく、こんな場所で働けたらと想いが強くなっていった。 詳細はこちらから

Q.入社のきっかけは?
初動負荷トレーニングを体験し、明らかに変わったことが手に取るように分かった。専門学校でも色々なトレーニングをやってきたが、せいぜい「変わった気がする」程度。それが、わずか1回のトレーニングで変化があったからとても驚いた。またトレーナーの「本気度」が伝わってきたので、ここなら成長できると感じた。 詳細はこちらから▶

Q.入社のきっかけは?
初動負荷トレーニングで自分の身体が変わるのを感じたので、シンプルにもっとトレーニングしたいと感じた。そして自分の身体がこんなにも変わるなら、スポーツのパフォーマンスが上がらなくて悩んでいる人たちも良くなるんじゃないか、とトレーニングの可能性を感じたので、もっとトレーニングのことを知りたい!極めたい!と純粋に感じた。 詳細はこちらから▶

Q.入社のきっかけは?
トレーニングの感覚や「生涯現役」という会社の理念を聞き、長く続けられる仕事だと感じた。専門知識がないことを心配していたが、勉強する環境が整っていることもありがたかった。またこんな良いトレーニングがメジャーではないという状況を知り、このトレーニングを世の中のスタンダードにしていきたい!という強い目標が持てた。 詳細はこちらから▶

Q.入社のきっかけは?
初めて初動負荷トレーニングを体験した時、直後から身体が軽く動かしやすくなり、今までのトレーニングとの違いを感じた。自分はウエイトトレーニングで故障を増やし、苦しんできたので、初動負荷トレーニングができる環境が近くにあれば、自分と同じように故障で苦しんでいる人の助けになるのではないか、自分と同じ失敗をせずに競技に打ち込める人が増えるんじゃないか、と直感した。 詳細はこちらから▶

Q.入社のきっかけは?
説明会でのスタッフの本気の姿勢と初動負荷トレーニング体験での身体の変化に、ここなら成長できると感じたことがきっかけ。もっと初動負荷トレーニングがしたい、もっと初動負荷トレーニングを知りたいと強く感じたのを今でも覚えている。​勉強面での苦労は覚悟の上、厳しい環境に身を置くことが一番の成長に繋がると思い、入社を決意した。 詳細はこちらから▶

■トップトレーナーの話を聞く

キャリア15年以上、創設期から雲水を支え、初動負荷トレーナーのトップとして、​経営のトップとして活躍するトップトレーナー陣を紹介します。

.
○トップトレーナー 村上友太
初動負荷トレーニングとの出会い18歳の時。とにかく怪我の多いバスケットボール選手で、脚の故障においては数えきれず、一年間で数回もの疲労骨折を起こしたこともある。しかし初動負荷トレーニングに取り組み始めて一変。故障は激減し、シーズン通して健康でいられるようになった。元々、これだ!と思うものが見つかると、もはやそれしか考えられなくなる性格。その頃からこの職業に就くことをずっと考えていた。雲水グループ創業メンバーの一人。詳細はこちらから

.
○トップトレーナー 宇都宮 裕
小学生からバスケットボールに取り組んできたが「センス、能力のないやつはもっと努力しろ!」と言われ、基礎練習やウエイトトレーニングを人一倍頑張ってきた結果、左手でドリブルがつけなくなる 3ポイントシュートが届かなくなる故障が増える等の事態に直面。従来のトレーニング方法、練習方法に疑問をもち、模索する中で初動負荷トレーニングにたどり着く。雲水グループ創業メンバーの一人。詳細はこちらから

.
○トップトレーナー 林幸広
学生時代から取り組むサッカーの中で度重なる足首の捻挫に悩まされる。思うように練習、試合に出られないつらさを感じてきた。自分と同じように怪我に悩む方の力になりたいとトレーナーを志し医学部に入学。その中で初動負荷トレーニングと偶然出会い「なぜ故障したのか」「なかなか良くならなかったのか」という長年の疑問を一蹴してくれるほどの衝撃を受け、初動負荷トレーナーとなった。雲水グループ創業メンバーの一人。詳細はこちらから

■採用についてのQ&A

Q. 今まで専門の勉強をして来なかったんですが、応募できますか?

A. はい、大丈夫です。基本的には人物重視の選考です。また前述のとおり、徹底した研修制度を設けておりますので、応募の時点で専門知識を持っていなくても問題ありません。ただ、どれだけ研修制度が整っていても、あなた自身に身につけようという情熱と強い意志がなければ身につけることはできませんので、言われたことだけやればいいと思っている方は応募をご遠慮ください。

Q. 応募前に施設の見学や初動負荷トレーニングの体験はできますか

A. はい。オンライン説明会後に職場見学、トレーニング体験の時間を設けています。実際に私達の提供しているものを、言葉だけでなく肌で感じてほしいので、正式な応募前にこのような時間を設けています。

Q.年齢が30歳を超えていますが、応募できますか?

A. 長期的なキャリア形成を図る観点から、原則的に、応募は20代の方に限らせて頂いています。

■募集要項

募集職種 初動負荷トレーニング®トレーナー ( 正社員 )
仕事内容 全治1ヶ月半の故障から2週間ほどで競技復帰等、医師も驚くような改善例多数。世界のトップアスリート~故障者、高齢者~子供まで幅広い層に活用されている『初動負荷トレーニング』。

このトレーニングの理論、技術、ノウハウを学びながら、それらをフル活用し、お身体の不調や競技での伸び悩みを感じている皆様を改善に導く、そんな仕事です。

専門知識0からでも本物のトレーナーを目指せるよう研修を充実させましたので、現段階で専門知識がなくても問題ありません。自分を成長させ、多くの方の役に立ちたいと思う方であればぜひ挑戦してください。

対象 29歳までの方(長期キャリア形成を図る観点から)
※性別・経験不問
休日 ・週休2日(シフト制)
夏季、年末年始長期休暇あり (各5日程度)
給与 ・月給20万円~41万円以上
基本給+役職手当+教材手当+長期勤続手当等
※3か月の鳥取本部研修期間は弊社規定に準ずる
【モデル収入例】入社3年目・店長/月給29万6200円
・賞与 年1回(入社2年未満は寸志程度)
待遇 昇給・昇格あり(能力、職務に応じて)、社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)、交通費規定支給、退職金制度、慶弔見舞金制度、社宅、食事補助制度、産前産後休暇制度、育児休暇制度
勤務地 愛知県小牧市、名古屋市
※今後エリア拡大予定

■採用選考の流れ

■採用選考を希望される方へ

現在、応募者多数につき、選考希望者の受付を一時中断しています。もし採用再開後にいち早くお知らせが欲しいという方は、こちらからメールアドレスを登録しておいてください。採用再開が決まりましたら、お知らせいたします。

メールアドレス登録はこちら▶

 

●採用に関するお問合せ:☏0568-47-1855
「採用の件で確認したいことがあるのですが…」とお申し出ください。

ページ上部へ戻る