ブログ

運動センス、運動能力を高めるための正しい努力の方向性とは?【動画】

こんにちは。スタッフの宇都宮です。

突然ですが、、、

「自分は運動センスがないな、、、」と感じている方はいないでしょうか?

一般的にはセンスや運動能力というのは、生まれ持った才能なので、もうしょうがないとあきらめてしまっていたり、何とかその差を埋めようとする方は、一生懸命筋トレをしたり、基礎練習をしたり、走り込みをしたりするけど、一向にその差は埋まらない、、、

こんな風に悩まれている方も多いかもしれません。

なぜこのように思うかというと、私自身が同じ道を通ってきたからです。

私は小学校からバスケットをしていたのですが、ずっと「センスがない、能力ない」と言われてきました。

何とかしようと筋トレをしたり、基礎練習に取り組みましたが、全くバスケットには生かされず、

「筋トレマニア?」

「頑張っているけどあれじゃあねえ・・・」

等と馬鹿にされる日々。。

そんな私が初動負荷トレーニングに出会い、能力ある、と言われるようになったり、スタメン抜擢されたり、キャプテンになったりと、自分でも驚くような変化を遂げるに至ったのは、初動負荷トレーニングによる身体の変化もさることながら、それ以上に大きかったのが、その中で学んだ「努力の方向性」という部分です。

私はずっと、スポーツでパフォーマンスを高めるには、その動きをするときに「いかに力を込められるか」ということを考え、そのようなイメージで筋トレをしたり、走り込みをしたり、基礎練習をしていました。

それによって、力は入るようになり、筋トレでもベンチプレスで100㎏近くまで挙げられるようになったのですが、バスケットの中では、どんどん動けなくなっていて最終的には3ポイントシュートが届かなくなる、という状態になってしまいました。(中学校の時でもできていたことなのに…)

そんな時に私が初動負荷トレーニングに出会って、学んだ考え方が「力をボールや床にうまく伝えるためには、余分な力を抜く」ということです。

「余分な力が入る」というのはどういう状態かというと、例えば肘を曲げる動きをする時に、ひじを曲げるための力こぶの筋肉だけでなく、ひじを伸ばすための筋肉も一緒に働いているような状態です。

車で言えばブレーキとアクセルを一緒に踏んでいるような状態なので、当然うまく動けませんし、そんなことを続けるとすぐに故障してしまいます。

また無駄にエネルギーを使うので疲れやすくなる、ということも起こります。

ですので、改善のためのアプローチとしても、いかに力を込めるかではなく、いかに「余分な力を抜いて動けるか」ということにフォーカスするべきです。

適切な取り組みの方向性がわからないために、本来の能力を発揮できず、自分自身を低く評価してしまったり、それによって不完全燃焼のまま、競技人生を終える、こんな悲しい事例が少しでも少なくなれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

■動画で解説はこちら

 

この記事を書いた人

小学生からバスケットボールに取り組んできたが「センス、能力のないやつはもっと努力しろ!」と言われ、基礎練習やウエイトトレーニングを人一倍頑張ってきた結果、左手でドリブルがつけなくなる 3ポイントシュートが届かなくなる故障が増える等の事態に直面。従来のトレーニング方法、練習方法に疑問をもち、模索する中で初動負荷トレーニングにたどり着く。雲水グループ創業メンバーの一人。園芸係としても活躍中。詳細はこちらから

■トレーニングに関する質問受付中!
会員になっていない方もどうぞ。blog、youtube等で回答させて頂きます


※誤解を招く可能性がある内容については、回答を控えさせて頂く場合がありますので、予めご了承ください。

関連記事

コメントは利用できません。

Menu

■驚きの無料体験会

■資料請求はこちら

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る