肩甲骨

  1. 肩の痛みを最短で解消するトレーニングのポイント

    肩の前にまず下半身を動かすのが大事。痛い側と反対の肩を動かすことも回復につながる。痛みがある側は痛くない形で動かすのが大事。

    続きを読む
  2. 肩甲骨の可動域を広げるための胸の筋肉の使い方

    胸の筋肉が硬いと肩甲骨を後ろに離す、内側に寄せる動きが硬くなりやすい。胸の筋肉の硬い場所によって必要な動きが変わってくる。自分の硬い場所を知って それに合わせた動き方をするのが大事。

    続きを読む
  3. 【肩甲骨を寄せる意識はNG?】正しく肩甲骨を寄せる肘の使い方

    肩甲骨を寄せる意識はかえって肩甲骨を動かなくしてしまう。肩甲骨は寄せるではなく、後ろに離す意識が大事。肩甲骨を後ろに離すためにはヒジを真後ろに動かすイメージが大事。

    続きを読む
  4. 握力トレーニングは不要?‐スポーツ選手、高齢者も知るべき3つのデメリット

    握力を鍛える過程で肩甲骨、鎖骨周りが硬くなり 動きづらくなる。力こぶの筋肉も硬くなることで肩、腕を内側に捻る動きが行いづらくなる。前腕部分が太くなることで腕の動きを邪魔する重りになる。 ●強く握らないで肩甲骨、鎖骨あたりから動くことが大事

    続きを読む
  5. トレーニングで肩甲骨、背中を使えるようになる3つのポイント

    骨盤が立ち上がった状態で動けると広背筋はうまく使いやすくなる。腕を強調した動きにならないために肩が後ろに開いた状態を作ることが大事。肩甲骨の動きがロックされないよう 肩が挙がらないで動けるのが大事。

    続きを読む
  6. ストレッチをする女性

    【肩の引っ掛かり、つまり解消】肩の可動域を広げる2つのコツとは?

    肩を大きく動かすためには肩の柔軟性だけではダメ。肋骨から動くこと、身体の遠くで肩動かすことが大事。

    続きを読む
  7. 「肩甲骨が硬い」と言われた方が まず確認したい4つの基本動作とは?

    あなたが硬いのは 肩甲骨のどの動きか?肩の可動域がせまく、スムーズに動けない…肩こりが続いている…等という方で「肩甲骨周りが硬い」と指摘されるケースは多いと思います。ただ、肩甲骨の動き自体が、自分では なかなか見えないため、何がどう硬いのかということが、わかりづらい部分があります。

    続きを読む

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る