ブログ

トレーニングは右から?左から?

「トレーニングは、左右どちらから始めるといいですか?」

会員の方からこのような質問を頂きました。

「ん?そういえばあまり意識してこなかったな…」

そう思われた会員の方もいるのではないでしょうか?

私たちもあまり細かくは
お伝えしていないテーマでしたので、

今回ご質問頂いたことを機に、
こちらで共有させて頂きます。

 

さて、右、左、どちらから始めればいいか、、、

ズバリお答えしますと、、、

基本的にはどちらから始めても構いません。

「えっ?なんだ、もったいぶってそれか…」

そんな風に思われたかもしれませんね。

ごもっともです。
もったいぶってごめんなさい。

でも本番はここからです!

次のようなケースでは
右左どちらから行うか考える必要があります↓↓↓

 

考える必要があるケース

●左右どちらかに痛みがある
●左右どちらか動きづらい方がある

 

これらのケースでは反対側
(痛みのない側、動きやすい側)から
行って頂くことをおススメしています。

なぜかというと、
それにより動きづらい側が
動きやすくなる傾向があるからです。

実際、反対側の動きを行っている中でも
神経の作用等により、動かしていない側に
動かしている側と同じような刺激がいくことがわかっています。

また血行が良くなり、体が温まることも
動きやすさを高めることにつながります。

痛みや動きづらさがある側は、
無意識に力が入ってしましやすいので、
少しでも動きやすくするために反対側から行う方がいいです。

「特にどっちか動きづらい、ということはないなぁ…」

という方も動きの中で改めて確認してみて下さい。

「そういえば左が動きづらいな、、、」

「このマシンは右が動きづらいけど、このマシンは左が動きづらい。」

等々、色々と発見があるかもしれません。

改めてトレーニングの中で
ご自身お身体と向き合うきっかけになれば幸いです。

 

 

この記事を書いた人

宇都宮 裕(うつのみや ひろし)2008年入社

愛媛県今治市出身。小学生からバスケットボールに取り組んできたが「センス、能力のないやつはもっと努力しろ!」と言われ、基礎練習やウエイトトレーニングを人一倍頑張ってきた結果、左手でドリブルがつけなくなる、3ポイントシュートが届かなくなる、故障が増えるなどの事態に直面。従来のトレーニング法、練習法等に疑問をもち、模索する中で初動負荷トレーニングにたどり着く。雲水グループ創業メンバーの一人。園芸係としても活躍中。詳細はこちらから

 

関連記事

コメントは利用できません。

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る