スタッフからのメッセージ

  1. 動作をデザインしてコーディネートする仕事

    私がトレーナーという仕事を志して早10年が経過しようとしています。思い返せば研修時代の極貧生活から始まり、現在では代表取締役という肩書も付きました。

    続きを読む
  2. 準備の意味

    皆様、「右」という言葉を説明できるでしょうか。お箸を持つ方? ボールを投げる方?いえいえ、左利きの人もいるので、これでは不適切です。辞書づくりをテーマにしたある映画の中では「右」という言葉の解釈(語釈)をこのように表現しておりました。

    続きを読む
  3. コーチングスタッフになるにあたって

    この度、無事に3カ月の本部研修を終え、これからコーチングスタッフとして、皆様のトレーニングをサポートさせて頂くことになりました。

    続きを読む
  4. 能力のあるなしよりも、やるかやらないか

    先月、北海道に行ってきました。6月とは思えないきりっとした空気と柔らかな日差しが最高に心地よく、次はぜひプライベートで遊びに行きたいですね。今回は、遊びではなく(残念ながら)勉強のために訪れました。

    続きを読む
  5. トレーナーになって最近感じること

    ○トレーナーになって最近感じること名古屋高岳店でトレーナーとして皆様の前に立たせて頂いて、早数カ月が経過しました。

    続きを読む
  6. 故障が教えてくれたこと

    ぎっくり腰、前腿肉離れ、足首の靱帯損傷、シンスプリント、疲労骨折、足底筋膜炎、むち打ち症、手首捻挫、肘痛、膝痛、爪の陥入(巻き爪)・・・これは何だと思いますか?実は私が今まで経験した故障の数々です。並べてみるとけっこうたくさんになりました(笑)。

    続きを読む
  7. 鳥取本部での研修のご報告

    3日間ジムはお休みを頂き、スタッフ全員で鳥取本部での研修に参加させて頂きました!皆様、ありがとうございました。今回の研修では病院関係の方々、機能改善に来られている方々、他施設のスタッフの方々とご一緒させて頂きました。

    続きを読む
  8. 【プロフィール】コーチングスタッフ 村上友太

    私が初動負荷トレーニングに出会ったのは18歳の時で、初めて初動負荷マシーンを動かしたときの感覚は「一言に革命!」でした。それまでは、とにかく怪我の多いバスケットボール選手で、脚の怪我においては数えきれず、一年間で数回もの疲労骨折を起こしたこともあります。

    続きを読む
  9. 【プロフィール】コーチングスタッフ 林幸広

    トレーナーとなり、10年以上経つ。経験することで見えてくることは、たくさんある。私は初動負荷トレーナーになったばかりのころ、初動負荷トレーニングを世に広めたいなどと思っていただろうか。少なくとも、今ほどは思っていなかったはずである。

    続きを読む
  10. 【プロフィール】コーチングスタッフ松原和馬

    私は生まれてから高校を卒業するまで鳥取県で育ちました。周りを自然に囲まれた場所で育ったためか小さい頃から体を動かすことが大好きで、自分の名前にもありますが、まさに馬のように野山を駆け回っておりました。

    続きを読む

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る