BLOG

  1. 良い姿勢で歩く男性

    ランニング、ウォーキングで ひざの痛みを防ぐ姿勢のつくり方

    骨盤の位置が下がることで ひざに負担がかかりやすくなる。●ポイントを押さえて 骨盤の位置をく保つことが大事。裏ももの筋肉を柔らかくしておくことで姿勢が保ちやすくなる。

    続きを読む
  2. シンスプリントの原因になる走り方

    身体の真ん中に着地するバランスが痛みの原因になりやすい。骨盤の位置を高く保つことで脚への負担を軽減できる。反対側の肩が下がりやすいバランスを整えることも大事。

    続きを読む
  3. 【肩甲骨を寄せる意識はNG?】正しく肩甲骨を寄せる肘の使い方

    肩甲骨を寄せる意識はかえって肩甲骨を動かなくしてしまう。肩甲骨は寄せるではなく、後ろに離す意識が大事。肩甲骨を後ろに離すためにはヒジを真後ろに動かすイメージが大事。

    続きを読む
  4. 初動負荷トレーニングをする女性

    初動負荷トレーニングでダイエットできる?【女性から多い質問】

    初動負荷トレーニングは大きな筋肉が使える、血流が良くなる等、ダイエットに役立つ要素がある、姿勢が変わることでも 見た目が変わることにつながる、大きな筋肉を効率よく使える動作にすることが大事。

    続きを読む
  5. 大股歩きで ひざや腰に負担をかけない骨盤の使い方

    脚だけを出すような大股歩きは 着地の衝撃や不要なひざの曲がり等により負担がかかる。軸脚に対して 振り出し脚の骨盤が前に出る動きが大事。振り出す脚ではなく 軸脚を起点に脚が振り出さるイメージが大事。

    続きを読む
  6. 腰痛を防ぎ、体幹バランスを整える姿勢のコツ

    垂直にかかる重力に対して 体幹のバランスも垂直にそろえることが大事、胸を前に張ろうとすると 腰が引けた姿勢を助長してしまう、腹筋を縦に伸ばすようなバランスが大事。

    続きを読む
  7. 握力トレーニングは不要?‐スポーツ選手、高齢者も知るべき3つのデメリット

    握力を鍛える過程で肩甲骨、鎖骨周りが硬くなり 動きづらくなる。力こぶの筋肉も硬くなることで肩、腕を内側に捻る動きが行いづらくなる。前腕部分が太くなることで腕の動きを邪魔する重りになる。 ●強く握らないで肩甲骨、鎖骨あたりから動くことが大事

    続きを読む
  8. トレーニングで肩甲骨、背中を使えるようになる3つのポイント

    骨盤が立ち上がった状態で動けると広背筋はうまく使いやすくなる。腕を強調した動きにならないために肩が後ろに開いた状態を作ることが大事。肩甲骨の動きがロックされないよう 肩が挙がらないで動けるのが大事。

    続きを読む
  9. 初動負荷トレーニングとストレッチ、マッサージの違い

    マッサージは自分で動くという要素がないのですぐに元の状態に戻りやすい。ピンポイントで硬い部分がある場合、マッサージ後にトレーニングすると良い場合がある。ストレッチは動きをすべて自分でコントロールする必要があるので難しい。ストレッチは柔軟性の確認や補助的な取り組みとして考えると良い。

    続きを読む
  10. 継続力を高める考え方のコツー最後までやり切れる人になる方法

    最も挫折しやすいのは2日目である。計画通りにいかなかった時は「失敗」ではなく「未完」ととらえる。目標の数値を半分、もしくは達成までの期間を長く設定すると現実的な目標になる。

    続きを読む

Menu

■驚きの無料体験会

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■BeMoLoシューズとは

■トレーナー募集

ページ上部へ戻る