BLOG

  1. 私が初動負荷トレーナーを志した理由【安室 尚】

    私は生まれてから専門学校卒業するまで沖縄県那覇市で育ちました。沖縄と言えば、海というイメージを持たれている方も多いと思いますが、私は、海も好きですが、ビーチで寝転び、夜風に吹かれながらのんびり星を見る時間がとても好きでした。

    続きを読む
  2. しなやかに動くために ふくらはぎを鍛えない方がいい2つの理由

    ふくらはぎを鍛えて太くなると、重りになるので、しなやかに動きづらい。ふくらはぎの筋肉を強く使うクセがつくと疲れやすくなる。骨盤周りの上手く使うことが大事。

    続きを読む
  3. 肩甲骨の動きから紐解く「背中で手を組むコツ」

    肩を大きく動かすには その動きに関わる肩甲骨の動きを引き出すのが大事。腕が上になる側の肩の動きには 肩甲骨の上側が後ろに剥がれる動きが大事。腕が下になる側の肩の動きには 肩甲骨の下側が後ろに剥がれる動きが大事。

    続きを読む
  4. 肩甲骨、肩の動きを硬くしないための5つの習慣

    カバンをひじにかける時、脇を閉じずに手の平が下向きになる方がいい。パソコン、スマートフォンの操作では手首が小指側に倒れないことが大事。歩く時も手の平後ろ向きになることが大事。肩の真上に耳が来るバランスをとることが大事。

    続きを読む
  5. ストレッチで効果的に柔軟性を高めるコツ

    ストレッチで伸びるのを感じたら ゆるむ位置まで戻すのが大事。硬い方は 最初の姿勢から緊張しないようにポジショニングの工夫が必要。

    続きを読む
  6. トレーニングやスポーツで無駄な力を抜くための5つのポイント

    無駄な力が入ってしまうのは姿勢や呼吸、動き方等、様々な原因がある。無駄な力が入る原因によって身体の反応は変わってくる。力が入ってしまう場所やタイミングを確認して それに合った対応をすることが大事。

    続きを読む
  7. 【腹筋運動の誤解】腹筋しないスポーツ選手がいる3つの理由

    一般的な腹筋運動は腹筋だけでなく、首、股関節を硬くしてしまいやすい。腹筋が不要なのではなく、大事な筋肉だからこそ柔らかく鍛えていくのが大事。腹筋が伸びる姿勢を意識して動くことで、腹筋も柔らかさを保ちながら自然に鍛えられる。

    続きを読む
  8. 初動負荷トレーニングはスポーツの前にやるべきか、後にやるべきか

    スポーツの前に取り組むことは動きやすさと良い動作の習得につながる。スポーツの後に取り組むことは疲労回復とバランスを整えるのにつながる。それぞれの状況に合わせて動き方やトレーニング量等を調整することが大事。

    続きを読む
  9. 肩痛予防に役立つ肩甲骨の動きとは?

    腕を上げる動きでは肩甲骨を外側にスライドさせる動きが大事。腕の動きよりも肩甲骨を先に動かすことが大事

    続きを読む
  10. 巻き肩、猫背を改善するトレーニング3つのコツ

    巻き肩になる原因の一つは、胸椎が後ろに引けて肩甲骨が外側前方に移動することにある。胸椎を伸ばすためには、骨盤が立ち上がった状態をつくることが大事。鎖骨から肩、腕を後ろに開いた状態をつくり、上下の動きを入れることが大事。

    続きを読む

Menu

■驚きの無料体験会

■資料請求はこちら

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■BeMoLoシューズとは

■トレーナー募集

ページ上部へ戻る