お知らせ

原則マスク着用のお願いと熱中症への注意喚起

6月12日(金)より、フィットネス業界のガイドラインに沿って、マスク着用によるアレルギー等、健康上の理由でつけられない場合を除き、トレーニング時は原則マスク(もしくは鼻、口を覆うもの)の着用をお願いします。

上記の理由でつけられない方はスタッフにお申し出ください。証明になるものをお渡しします。マスクのない方はお話をしないようお願いします。

■ 熱中症
マスク内に熱がこもりやすく、熱中症になりやすいと言われています。環境省、厚労省からも注意喚起の案内が出ています。(下記の厚労省ポスター参照)
※2018年には国内で年間1581名の方が熱中症でお亡くなりになっています。

マスクで、のどの渇きが分かりづらいので、意識的に水分補給や周りに人がいない状況では随時マスクを外して休憩してください。

■ その他健康上のリスク

「マスクを着用していない場合と比べると心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度が上昇する等、体に負担がかかることがあります。」
・出典:「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント|厚生労働省

※下記の厚労省ポスターにもマスク着用時の激しい運動、負荷の高い作業は控えるよう書かれています。

初動負荷トレーニングは激しい運動ではありませんが、頭痛、息苦しさ、異常な発汗等の症状がある時は、適宜、周りとの距離を取ってマスクを外し、休憩ください。

 

感染予防のために換気を行っている影響で室温をコントロールができず、例年よりも室温が高くなる見込みです。上述の熱中症対策などに十分留意しつつ、トレーニングを行って頂くようお願いします。

ワールドウィング雲水グループ

 

令和2年度の熱中症予防行動|環境省、厚労省

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”
ページ上部へ戻る