姿勢改善

  1. 【スピード、パワー、持久力】努力の方向性を考える

    スピード、パワーは筋肉の前に 良い動き方によって高まるという視点を持つことが大事。持久力も動作が与える影響は大きいので 良い動作に繋がる取り組みをするのが大事。良い動作に共通するポイントは 身体の中心から動く、骨盤が立ち上がった状態で動く等がある。

    続きを読む
  2. ひざ痛と骨盤後傾の関係

    骨盤後傾すると ヒザが曲がりっぱなしになりやすい。骨盤後傾は O脚の原因にもなる。骨盤後傾解消には 裏ももの筋肉の柔軟性を高めることが大事。

    続きを読む
  3. 肩甲骨から動くための3つの基本動作のコツ

    下から上に上がっていく動きは、身体から少し離れた位置で上がっていくのが大事。腕を引くのではなく、手の位置に体が入っていく動きが大事。前に押し出すような動きでは、肘が曲がったまま押し出すような動きが大事。

    続きを読む
  4. 肩甲骨の動きから紐解く「背中で手を組むコツ」

    肩を大きく動かすには その動きに関わる肩甲骨の動きを引き出すのが大事。腕が上になる側の肩の動きには 肩甲骨の上側が後ろに剥がれる動きが大事。腕が下になる側の肩の動きには 肩甲骨の下側が後ろに剥がれる動きが大事。

    続きを読む
  5. 肩甲骨、肩の動きを硬くしないための5つの習慣

    カバンをひじにかける時、脇を閉じずに手の平が下向きになる方がいい。パソコン、スマートフォンの操作では手首が小指側に倒れないことが大事。歩く時も手の平後ろ向きになることが大事。肩の真上に耳が来るバランスをとることが大事。

    続きを読む
  6. ストレッチで効果的に柔軟性を高めるコツ

    ストレッチで伸びるのを感じたら ゆるむ位置まで戻すのが大事。硬い方は 最初の姿勢から緊張しないようにポジショニングの工夫が必要。

    続きを読む
  7. 【腹筋運動の誤解】腹筋しないスポーツ選手がいる3つの理由

    一般的な腹筋運動は腹筋だけでなく、首、股関節を硬くしてしまいやすい。腹筋が不要なのではなく、大事な筋肉だからこそ柔らかく鍛えていくのが大事。腹筋が伸びる姿勢を意識して動くことで、腹筋も柔らかさを保ちながら自然に鍛えられる。

    続きを読む
  8. 巻き肩、猫背を改善するトレーニング3つのコツ

    巻き肩になる原因の一つは、胸椎が後ろに引けて肩甲骨が外側前方に移動することにある。胸椎を伸ばすためには、骨盤が立ち上がった状態をつくることが大事。鎖骨から肩、腕を後ろに開いた状態をつくり、上下の動きを入れることが大事。

    続きを読む
  9. スポーツや日常でハムストリングスが大事な理由と使い方のコツ

    ハムストリングスの主な役割は、歩く、走る、跳ぶ等、身体を移動させること。ハムストリングスは骨盤が後傾せずに、軽くひざが曲がったポジションで使われやすい。後ろに蹴るのではなく、 足首やひざの位置に身体が乗り込んでいくのが大事。

    続きを読む
  10. 立位のトレーニングでは軸足のバランスの取り方が大事!【初動負荷トレーニング】

    軸足をうまく使えると、より実際の動作につながるトレーニングになる。軸足のひざが不要に曲がらないことが大事。軸足の体重が足裏の外側にあることも大事。

    続きを読む

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■トレーナー募集

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る