ブログ

「スゲッ」と思わず声を出してしまいました。

ケガをした時、医師から

「全治○○です。」

という説明を受けることがあります。

しかし、実際にはそれより早く回復しているケースがあるのをご存知ですか?

今回ご紹介させて頂く会員様からの声は、実際、ふくらはぎの肉離れを受傷し、2日後にトレーニングに来館。

驚くような変化があり、同じような故障をされた会員の方に勇気を与えられればと、喜びの声を書いて頂きました。

以下内容です。

初動負荷トレーニングを始めて5年、10歳から続けている野球のトレーニングのおかげで今が1番楽しく、気持ちよくプレー出来ています。

最も初動負荷トレーニングのすごさを実感した出来事は、野球をプレーする中、ふくらはぎの肉離れをしてしまい、病院の診断では全治4週間~8週間というものでした。

まともに歩くことはできず、病院には3週間のギプス固定を勧められていましたが、初動負荷トレーニングをすでに始めていた私は、2日後スタッフの方に相談。

トレーニングメニューを調整してもらい、トレーニングを終えた途端、動かすことのできなかった足が何もなかったかのように動いて「スゲッ」と思わず声が出てしまいました。奇跡のトレーニングを体感した瞬間でした。

こんな素晴らしいトレーニングをさせてもらっている雲水グループスタッフの方々には感謝の言葉しかありません。

39歳 男性 

その後、ほぼ毎日トレーニングに来られ、メキメキ良くなっていかれました。

今回のようなケースは、この方がスポーツマンだから特別、ということではありません。

特別という点でいえば、ご本人の「良くなりたい」という想いと、それに向けてトレーニングに熱心に通って頂いたことでしょうか。

つまり・・・

①故障を早く回復させたいという目標設定

②それに向けて毎日トレーニングに来るという計画づくり

③そしてそれを確実に実行する行動力。

この①目標、②計画、③実行という形がしっかりしている方は、私たちの施設でも目標達成できている方が多いです。

そしてこれらを行うにあたって、特別な技術は必要ありません。

明日からでも実践できるでしょう。

「故障が良くなった」という事実だけでなく、それに向けての取り組みの姿勢に感じるものがありましたので、こちらにまとめさせて頂きました。

「私も頑張ろう!」と思ってくださる方が一人でも増えれば幸いです。

 

 

この記事を書いた人

宇都宮 裕(うつのみや ひろし)2008年入社

愛媛県今治市出身。小学生からバスケットボールに取り組んできたが「センス、能力のないやつはもっと努力しろ!」と言われ、基礎練習やウエイトトレーニングを人一倍頑張ってきた結果、左手でドリブルがつけなくなる、3ポイントシュートが届かなくなる、故障が増えるなどの事態に直面。従来のトレーニング法、練習法等に疑問をもち、模索する中で初動負荷トレーニングにたどり着く。雲水グループ創業メンバーの一人。園芸係としても活躍中。詳細はこちらから

関連記事

コメントは利用できません。

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■コーチングスタッフ募集 “コーチングスタッフ募集”

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る