競技をされている皆様からの声

〇大学生男子陸上競技

競技者の声大学生男子陸上

今年の春に腰を痛め、何か月もの間、競技ができませんでした。しかし初動負荷トレーニングと出会い、トレーニングを重ねるごとに改善され、秋の大会で自己ベストを出すことができました。

また、長い間練習ができない事でやる気を失いかけていた僕には、ここでのトレーニングは本当に楽しく、また競技に対するやる気が湧いてきました。

様々な意味で助けられ、ワールドウィング小牧のスタッフの方々に本当に感謝しています。(大学生男子陸上競技

 

〇高校生男子硬式野球

膝の靭帯を痛めてから、5ヶ月くらい痛みが治っても走りすぎると再び痛めたり、の繰り返しで、野球のトレーニングが思うようにできませんでしたが、この初動負荷トレーニングのおかげで今は痛みをずっと感じていなく、練習を思うようにできるようになりました。

肩の腱板を損傷して、2か月程ボールが投げれなくなりました。そこから初動負荷トレーニングに通うようになり、身体全体、肩周りの可動域も広がり、今では全力で投げられる程、回復しました。悪くなっていたフォームも下半身も使えるフォームとなり、ボールも変わってきました。これからも続けてトレーニングしていきたいと思います。(高校生男子硬式野球部所属

 

〇30代男性ハンドボール選手

社会人チームに入団してからトップチームとのフィジカルの差を埋めようとウエイトトレーニングを重点的に取り組んできました。身体接触には強くなったものの、大学時代にできていたような動きができなくなり悩む日々が続きました。ある日のこと、そんな悩みを後輩に打ち明けたら初動負荷トレーニングを紹介されました。最初は半信半疑でトレーニングをしていたものの、気づいたら動きやすくなっていました。このトレーニングを始めて5年以上経ちますが、大きな故障もなくハンドボールをプレー出来てきます。これからも初動負荷トレーニングを続け、このトレーニングの素晴らしさをハンドボール界ににも伝えていきたいと思います。(30代男性会員様

 

〇20代男性バレエダンサー

自分は小さい頃からクラッシックバレエを習い、今プロとして活動していますが、ケガやパフォーマンスの伸び悩みと闘ってきました。ウエイトトレーニング等、色々な事を試してきましたが、この初動負荷トレーニングがゴールだと考えています。ざっくりとメリット、デメリットだけ書きます。

メリット
・可動域を拡げつつ、スムーズな動きの確認ができるので競技の時、無駄な動きがなくなり、疲れが少なくなった。

・今までやっていたウエイトトレーニングを思い切ってやめて自重トレーニングに変えても筋力は落ちず、むしろ上がっていた。(筋組成量が増えていた)

・自分の硬い部分にダイレクトに効くので効果を実感しやすく、モチベーションを維持しやすい。

・脳から神経へと繋がって体の部位への連動がスムーズになるので、左右差がなくなって、自分のイメージした動きをすぐに実行できるコーディネーション力がついたと思います。

デメリット
ないです。しいて言うなら地元から遠いので、毎日通えるようにジムが増えればいいなと思っています。

20代男性会員様

 

〇大学生男子野球選手競技者の声大学生男子野球

中学時代からの無理なトレーニングや連騰で肩を痛めて以来、うまく可動してくれなかった肩周りの筋肉。正直、肩の痛みとは野球を辞めるまで付き合わなければいけないだろうと本気で思っていた。しかし、初動負荷トレーニングをはじめてから次第に痛みもなくなり、スムーズに肩が動くようになった。初動負荷トレーニングを行っていなかったら、いまだに肩痛に悩んでいたと思う。初動負荷に出会えて良かったと思います。(大学生男子硬式野球

 

〇20代男性フリースタイルスキー

競技者の声20代男性モーグル

スキーのモーグル競技は雪上の寒いところで激しく丁寧に動く採点競技なので、本番のスタート前にいかに動ける身体の状態を準備する必要があります。以前は身体を軽くしてケガのリスクを抑えていたのですが、初動負荷トレーニングを取り入れてから、ウォーミングアップもスムーズにできるようになり、パワーとしなやかさを両立できたと実感しています。

使える筋肉だけが身体に残り、実に調子のよい状態が続くので、これからも初動負荷を続けていきたいと思っています。

20代男性フリースタイルスキー・モーグル競技

 

〇20代男性バスケットボール選手

競技者の声20代男性20

身体変化
・トレーニング前
肩甲骨と股関節の可動域が狭く、左右差が大きかった。

・トレーニング開始後
肩甲骨と股関節の可動域の左右差が軽減された。

バスケットボールにおける変化

重心が低くなった。
それによって①スライドが大きくなった
②ストップからターンなど次への動きがスムーズになった

トレーニング前と比べて左右差が改善されただけで、身体の変化を実感することができました。トレーニングを継続し、可動域を広げることでバスケットボールの動作向上につなげていきたいです。今後ともご指導宜しくお願い致します。

20代男性バスケットボール

 

>>会員様のインタビュー記事、動画はこちらから

 

  

Menu

■資料請求はこちら “資料請求”

■驚きの無料体験会 “体験・見学”

■トレーニング体験者の声 “体験者の声”

■スタッフ紹介 “スタッフ紹介”

■よくある質問Q&A “よくある質問”/

■スタッフblog “スタッフブログ”

■コーチングスタッフ募集 “コーチングスタッフ募集”

■BeMoLoシューズとは

店舗紹介

“店舗紹介” “店舗紹介”

YouTube

“YOUTUBE”
ページ上部へ戻る